The Agency for Creators and Specialists

栃木県生まれ。学習院大学法学部卒。真言宗の寺に生まれ、幼少時より行事料理、郷土料理に興味を持つ。料理研究サロン「大きな竃」を主宰し、現代人の食卓事情に合わせた“健康志向の家庭食”をテーマに研究。本草学を取り入れた江戸料理からスパイス料理までを幅広く紹介している。また、10数年に渡り地方食材のフィールドワークに取り組み、素材の持ち味を活かしたレシピや商品開発でも活躍。特に岩手の食材に精通しており、希望郷いわて文化大使を務める。国際薬膳師、本草薬膳研究会副会長。著書に『つくって楽しい、食べておいしい お取り寄せ』(法研)などがある。

主な活動

新製品開発・ブランディング

良い食品づくりの会アドバイザー
岩手・山根商店「タコのアホ」新商品開発(2014)
岩手・山根商店「銀毛鮭いくら等」商品プロモーション(2012〜)
岩手県工業技術センター「いわての器でいわての食を楽しむ会」イベントコーディネーション(2009)
岩手・春の隣「いわて雫石わさび」を使った商品開発(2008)
岩手・OIGEN「鉄鍋(南部鉄器)」商品アドバイス・レシピ提案(2006〜)
大分・地熱たべもの研究所「温泉地熱食品」商品プロモーション(2006〜)
岩手・石黒農場「ほろほろ鳥」を使った商品開発・レシピ提供(2005〜)
新潟県大島村「山ぶどう」を使った商品開発(2004)
新潟県大島村「ツルニンジン」を使った商品開発(2004)
長野県原村「セロリ」を使った商品開発(2004)
岩手県「短角牛」ブランディング(2001〜)ほか

レシピ開発

朝日新聞「aspara NEXT-AGE 2012冬号」レシピコーナー担当(2012)
岩手県普代村「すき昆布」を使ったレシピ提供(2010)
日本サーナ「ハーブソース」を使った料理提案(2009)
RYUCA「アガペシロップ」を使ったレシピ提供(2007)
アリコジャパン広報紙「Hot Through」レシピページ担当(2007-2008)ほか

薬膳指導・薬膳レシピ提案

「自遊人2014年2月号」日々の食卓に役立つ、暮らしの中の「薬膳」 レシピ提案(2014)
中国料理 酔八仙 美味しい薬膳入門講座「漢方 de 調布名物」司会・コーディネーション(2013〜)
クロワッサン特別編集「ふだんのおかずをおいしくちゃんと作るコツ」体を温める料理 レシピ提供(2010)
家庭中国漢方普及会 セミナー「フレンチde薬膳 美しくなる漢方セミナー」薬膳解説(2008-2010)
東京ガスキッチンランド調布オープニングイベント スローフードワークショップ「冬木れいさんに学ぶ薬膳料理」講師(2006)
東京ガスキッチンランド八王子オープニングイベント スローフードワークショップ「冬木れいさんに学ぶ薬膳料理」講師(2006)
新潟県大島村 料理長への薬膳料理指導・アドバイス(2004)
新潟県大島村 講演会「漢方薬によるいきいき健康づくり」講師(2002)
NHK学園 生涯学習通信講座「くらしに生かす漢方・薬膳」薬膳指導ほか

講演・執筆活動

東京経済大学市民大学講座「食をかんがえる〜生きる、育てる、つながる」講師(2011)
レシピリーフレット「美味しい暮らしの匙かげん〜江戸料理のアイデアを今に〜」発行(2010〜)
下野新聞『しもつけ随想』連載(2005〜2006)ほか

© 2009- NOTE Inc. All Rights Reserved